#2 Alex Chambers / 黄亚历 / 廣田アレキ

学生

Interview@雕刻时光咖啡厅、北京 (July 14th, 2018)

f:id:TokoTokoMiko:20180906095515j:plain

 アメリカ、ジョンズ・ホプキンズ大学卒業。在学中、東京大学へ1年間交換留学。2年前、北京で教育系ベンチャーに就職。この夏から北京大学パリ政治学院との双方学位のプログラムで修士課程開始。

 

インタビューの当日、Alexは食中毒から回復したところだった。これが一回目ではないらしい。

なんでも食べてみる、見てみる、聞いてみる、やってみる。そんな精神を彼からはいつも感じる。

ちなみに、回復中動けなかった間は、テラスハウスにハマっていた。ハーフのメンバーが多く、共感できるのだと言う。

 

母国語:英語

ほぼ母国語:中国語

その他:台湾語(閩南語みんなんご)、日本語、フランス語、スペイン語

 

アイデンティティー探し

 

これまでずっと自分のアイデンティティーを探し求めてきた。

彼はよく自分のことを

“mixed race(混血)”だと言う。

 

1/2ドイツ人、1/4台湾人、

1/8日本人、1/8スペイン人。

(厳密に言えば、さらに細かいらしい)

 

アメリカ生まれだが、

台湾人のおばあちゃんのもとで育てられ、

一緒にご飯を食べながら台湾語を話した。

彼のアジアへの思いは

ここで形成されたのだろうか。

f:id:TokoTokoMiko:20180905233637j:plain

ワクワクItem:北京で手に入れた貔貅(ピーショウ)。口にくわえているのは台湾の貨幣。

 Alexは台湾人としてのアイデンティティーを

大切にし、問い続けてきた。

 

アメリカの学校には

ずっと馴染めなかった。

変わり者扱いされて、

いじめられ、

自分のことが嫌いだった。

 

アメリカにいた頃の写真を見ると、

アジア系の友達に囲まれる中、

目立つ。

アジア人には見えない。

 

2回にわたり、一人で台湾へ

自分のルーツを確認しに行った。

 

やはり居場所はアジアだった。

  

Though I’m mixed-race and undoubtedly different,

I’m Asian and

I’m proud to be Asian,

to be able to represent the energy.

僕は混血だし見た目はもちろん違うんだけど、

アジア人であること、

その精神を代表できることが

誇りなんだ。

 

しかし、今度は北京でも外国人扱いされる日々だった。

抵抗するうちに、このアイデンティティーを

より強く意識するようになった。

 

f:id:TokoTokoMiko:20180905233856p:plain

おばあちゃんと

 Purposeful Living 目的を持って生きる 

 

日々をワクワクさせるため:

1. 仕事で疲れたら抹茶アイス。

2. 毎日趣味に費やす時間を作る。(語学勉強やダンス)

3. カフェ開拓。

4. 仕事でどんなに疲れていても、週末も出かけて新しい場所に足を運び、人と会う。

 

I really feel as if life is too short.

I don’t experience enough.

I can’t afford to take it easy.

人生は本当に短すぎる。

経験し尽くせないと思う。

だからのんびりするのはもったいないな。

 

f:id:TokoTokoMiko:20180905233611j:plain

パリで新生活スタート!

一人一人が持つストーリー

 

Alexは安心して会話のできる人だ。

 

丁寧で、

穏やかに話し、

興味津々に聴く。

  

誰でも伝える価値のある

ストーリーがあると思う。

それを信じているから、僕はできるだけ人の話を聞こうとしている。それは相手をいい気分にさせたいからだけではなくて、

それぞれ本当に貴重な視点を持っていて、

人生においていろいろな人の

ストーリーを聞くことが大事だと思うから。

 

僕たち一人一人では人生の与え得る全てのことを経験できないはず。

だから僕は

人の視点を経験することで

それを補うんだ。

僕と話すことで同じように相手にもそのような視点を共有できたらいいね。

 

同時に、自分の意見もリスペクトし、

自分という存在も大切にする。

 

小さい頃にいじめられた経験から

自分を好きになる重要性を学んだ。

 

相手をリスペクトしながら、自分もリスペクトする。

そのバランスを取れるようにしていきたいと彼は話す。

 

f:id:TokoTokoMiko:20180906074936j:plain

北京でワクワクする場所:五道营。北京に来て間もないとき、「ホーム」を感じた場所。

f:id:TokoTokoMiko:20180905233639j:plain

日々のワクワク:毎晩の運動。現在はパリでランニング中。上はその風景。

 

谢谢你!

and thank you for the pictures!

 

Alex

Instagram

     quapaboi

Alexの書いた東大留学記:

todai-umeet.com

 

 

 

#1 Makiさん

起業家 / MAKI RYU デザイナー / 日本語教師 / PRコンサルタント

Interview @北京郊外のご自宅 (July 23rd, 2018)

f:id:TokoTokoMiko:20180820231748j:plain

遠くから歩いてくる姿ですぐに彼女だとわかった。

女優のようなオーラ。

 

それでいて、話してみると前から友達だったかのよう。

 

日中のBackground

ご両親は中国の方だが日本生まれ。

幼少期は日本で過ごした。

高校から台湾の現地校に通い、

初めての0点。

ゼロからのスタート。

度胸がついた。

最後はなんとかなる。

その結果、

中国トップの清華大学美術学院に入学し、デザインを学んだ。

学費から生活費まで全て自分で稼いだ。

 

アート界で生き残るために

アーティストがひしめく中、

「自分らしさ」が何より大切だった。

人と同じでは埋もれてしまう。

今日まで自分の価値観を信じ、

スペシャルであることを追い続けて来た。

そのレシピは、

 

「人の価値観に影響されず、

              自分で考えること」

 

f:id:TokoTokoMiko:20180820231954j:plain

 

 起業家としての再挑戦へ

大学卒業後、すぐ自身のファッションブランドを立ち上げた。

その後、ビジネス面での知識が足りないと感じるや、

某大手PR会社に勤務。

 

昨年退社し、自身のブランド

MAKI RYUをリニューアル。

PR会社時代に学んだブランディングを生かし、

新たに挑戦し始めた。

 

現在は日本語教師、そして日系企業向けコンサルティングもこなす。

一見ファッションデザインと

接点のない二つのキャリアも

彼女は繋げてしまう。

f:id:TokoTokoMiko:20180821112701j:image

  

これから就職する身として

印象的だったMakiさんの言葉。

 

やりたいことを思いついたとき、

すぐにできる

ライフスタイルがいい。

 

そのためにはお金も必要。

でも決していっぱい稼ぐのが目標じゃない。

お金に生活を

コントロールされたくはないだけ。

 

 

幸せって何か?

幸せって

人に決められるものじゃない。

でも知らないうちに

外部に影響されている。

みんないわゆる

社会的な幸せを求めていると思う。

 

さらに言うと、

自分の知ってる世界って

世界のこれだけ。

これだけの価値観で

自分の幸せは決められない。

 

これ以上の楽しいことが

あるかもしれない。

一生解決されなくても、

問い続けるのが

重要だと思う。

 

f:id:TokoTokoMiko:20180820232436j:plain

ワクワクする格好:花柄のワンピースはやっぱりワクワクするよね!女の子だから!一応!

f:id:TokoTokoMiko:20180820232411j:plain

日々のワクワク:朝ごはん!すごい楽しみ!ドリップコーヒーも好きで、作って飲むの!

f:id:TokoTokoMiko:20180820232544j:plain

ワクワクすること:親と一緒に暮らしてるわんちゃん!親とビデオチャットする時、犬ともするの!(笑)

f:id:TokoTokoMiko:20180820232630j:plain

f:id:TokoTokoMiko:20180820235945j:plain

MAKI RYU コレクションの一部

f:id:TokoTokoMiko:20180820232720j:plain

インタビューしたリビングからの景色

 

ありがとうございました! 

 

Makiさん

Instagram:

   maki_ryu

Weibo/Douyin/Zhihu:       

   雅绮 maki

Wechat public account:  

   MakiRyu



できない、だからやる   

 

気付いたら私の座右の銘

 

できない、

と思うと、

やりたくなる。

 

文才がない。
だから書き始める。

 

卒業後どうするか。 

現在模索中。

刺激を求めて会いに行く。

 

最初の5人は北京で。


生き方にパッションを感じる人たち。
 自分の夢を追い続け、
 自分の価値観を信じ、
 自分の「完璧」に向けて、
  問い、動き、続けている。

 

f:id:TokoTokoMiko:20180820215400j:image

 

まだまだ会ってみたい。
インタビューするかも、あなたにも。
その時は、よろしくお願いします!